ランディングページ制作会社の種類と選び方

この記事は4分で読めます

 

昨日の記事で、ランディングページの重要性に触れましたので、

せっかくなので、ランディングページ制作会社の選び方についても記事にしておきます。

 

基本的にランディングページという場合は、

1枚もののペラッとしたサイトを作ることが多いです。

 

価格の相場としては、数万円~50万円くらいまで幅広いですね。

 

私が当時、勤務していた広告代理店では

業種やオプションによって多少の変動があるものの

だいたい20万円台後半~35万円くらいでした。

 

ただ、ランディングページ制作に関しては、

安く済ませようと思えば、5万円くらいでも制作はできてしまうと思います。

 

今はクラウドソーシングなどを利用することで、

個人で活動をされているデザイナーさんなどにも発注できますからね。

 

 

ということで、ランディングページ制作を価格帯で分けるのならば、

下記のような3つの分類になるかと思います。

 

1.フリーや個人のデザイナーなどに依頼する(~10万円程度)

2.ホームページ制作会社に依頼をする(数万円~30万円)

3.広告代理店やリスティング広告運用会社に依頼する(20万円~50万円)

 

 

まぁ発注先と金額に関しては私の個人的な感覚も含まれますが、

大きくは違っていないと思います。

 

当然、個人でやっているデザイナーの方でも30万円制作料金の方はいるでしょうし、

広告代理店でも10万円で制作してくれる会社もあるでしょう。

 

ですので、上の分け方はあくまでも目安です。

 

 

それよりも、ここで重要なのは、

「ランディングページを制作する目的」です。

 

あなたの会社がランディングページを制作するのは、

そこから問い合わせを取ったり、商品を販売するためですよね?

 

であれば、作って終わり!ではなく、作ってからが重要なのです。

 

ランディングページは作ることが目的ではなく、

作ってから、どう運用していくかが重要ということですね。

 

 

例えば、個人のデザイナーさんが格安で作ってくれたとします。

その方が完全なデザイナーさんであれば、そこでお仕事は終了です。

 

あなたの会社には立派なランディングページが手元に残りますが、

何もしなければ、そこへアクセスがやってくることはまずあり得ないので、

「宝の持ち腐れ」です。

 

ですので、

個人のデザイナーさんに格安で制作して頂く

納品されたランディングページへの集客は別の会社に発注する

といった形をとる必要が出てきます。

 

 

これはホームページ制作会社へ発注を行う場合でも、同様の傾向があります。

 

ホームページ制作会社と呼ばれる会社の場合、

純粋にホームページを制作しているだけの会社も多数存在しています。

 

ただただ、制作を行うだけ、という意味です。

 

この場合も、その後のランディングページへの集客に関しては、

別の会社に任せる必要が出てきます。

 

ですので、1番と2番の方法でランディングページを制作する場合は、

その後の運用を別の会社に任せることも検討しておく必要があります。

 

 

ちなみに、ホームページ制作会社でも、

リスティング広告の運用が出来る会社もあります。

 

この場合もまた複雑なのですが、

ホームページ制作会社の自社内でリスティング運用を行っている場合と

ホームページ制作会社がリスティング運用会社に再発注をしている場合があります。

 

この辺に関しては、取引を開始する際に

「リスティング広告の運用はやってもらえるのか?」

「やってもらえる場合は、自社運用か?パートナー企業の運用か?」

を確認しておくのがいいと思います。

 

個人的な感覚では、ほとんどのホームページ制作会社が

リスティング運用に関しては

代行会社とパートナー関係を結んでいるという形式が多い気がします。

 

 

そして、3番の広告代理店やリスティング広告の運用会社に

ランディングページを制作してもらうという場合ですが、

価格面でいえば、この方法が最も費用は掛かる場合が多いですが、

ウェブマーケティング全般の面倒を見てくれる可能性も高いです。

 

つまり、ランディングページを制作してくれるだけでなく、

制作後にどうやって集客を行っていくかなども相談に乗ってくれるということです。

 

価格面では高くなりがちですが、制作を行った会社が

責任を持って、その後のリスティング運用などを行ってくれるので、

ウェブマーケティングの流れとしては一番おすすめかと思います。

 

 

実際、制作と集客を分業にしてしまうと、

全体で一貫した戦略を取りにくいという問題が発生する場合もあります。

 

ちょっとこの点に関しては、今回の記事テーマと離れていきそうなので、

またいつか解説していきたいと思いますが、

とにかく、一貫したウェブマーケティングを行いたい場合は、

すべてを一つの会社に任せてしまった方が効率的だということです。

 

逆に、そういった観点は考えずに、

価格面を重視し、それぞれの会社のメリットをうまく使っていく場合は、

それぞれの分野を分業にし、別々の会社に発注するのもアリだと思います。

 

 

なお、広告代理店やリスティング広告の運用会社に制作を依頼する場合に

価格が高くなりがちな理由ですが、

これは広告代理店が制作会社とパートナー契約を結んで、

再発注を行ってる可能性があるからです。

 

つまり、制作会社から出てきたランディングページに

マージンを乗せてクライアントに売るという形が多いからです。

 

もちろん、リスティング運用会社の中には、

自社内で制作業務を行っており、価格を抑えている会社もあります。

 

 

 

さて、だいぶ複雑な話になってきてしまったので、

ランディングページ制作会社の選び方について、最後にまとめます。

 

 

純粋に価格だけで考えるのであれば、

広告代理店 < ホームページ制作会社 < フリーや個人のデザイナー

という形になると思います。

※右にいくにつれ、ランディングページ制作費用が安い傾向にあります。

 

 

制作後のリスティング広告運用やその他のウェブ集客のサポートの厚さでいえば、

フリーや個人のデザイナー < ホームページ制作会社 < 広告代理店

という形になると思います。

※右にいくにつれ、ウェブ集客全般のサポートが厚い傾向があります。

 

 

この辺に関しては、自社のランディングページ制作予算と

その後、どういったウェブ広告施策を行っていく予定かによって正解は変わってきます。

 

個別状況によって、大きく変わるので、この記事で結論は出ませんが、

客観的な情報としては、上記でお伝えしたようなものになります。

 

もし、個別のアドバイスが欲しい場合は、こちらからお問い合わせください。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

当ブログ&著者について

当ブログでは、インターネットを活用して売上・利益を拡大させたいと考えている個人事業主、起業家、中小企業経営者に向けて、本当に効果のあるマーケティング手法をお伝えしていきます。

著者は10年以上インターネットマーケティングの世界で規模も業界もさまざまな企業のマーケティングに携わってきました。
リスティング広告の運用も得意としており、年間売上が1,500億円を超えるような大企業から超零細企業のリスティング広告まで幅広く運用経験があります。
また、アパレル、美容、不動産などのBtoC向け商材だけでなく、企業向けサーバー、ネットワーク機器といったBtoB向け商材に関してもサポート経験がございます。

インターネットを活用して自社の売上・利益を伸ばしたいとお考え方からのご質問やご相談も承っております。
大変有難いことに多くのコンサルティング依頼を頂いている関係で、ご依頼の時期や内容によりお引き受けするのが難しい場合もございますが、ご質問・ご相談などございましたら、お気軽にご連絡いただければ幸いです。

具体的な相談や個別のアドバイスをお求めの場合はこちらのページからご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る