お盆休み、夏休み期間中は広告掲載をするべきか?

この記事は2分で読めます

 

リスティング広告を掲載していると、

今みたいなお盆休みや夏休み期間中などの長期期間の休み中に

広告掲載をするべきか、否か、という話になります。

 

結論を言ってしまえば、

自社の商品・サービスの性質によって異なります。

 

 

例えば、スマホゲームやスマホアプリのプロモーションをやっている場合などは、

この期間に掲載を停止するのではなく、

むしろ、掲載を強めるくらいの方がいいでしょう。

 

休み期間中で暇を持て余している人が

ゲームやアプリをダウンロードしてくれる可能性がありますからね。

 

 

また、一般的には長期休み中はPCでの検索需要は落ちるが、

スマホやタブレットでの検索需要は高まると言われています。

 

これはご想像の通り、自宅や職場でPCに触れる機会が減り、

実家へ帰省する人や、旅行にってしまう人が増えることが要因です。

 

まぁこの時期に関しては、帰省や旅行をする方が増えるというのは事実なので、

個人的には、思い切って、掲載を停止してしまうのもアリだと思っています。

 

 

特に、toB向け商材に関しては、

リスティング広告の掲載を停止してしまってもいいでしょうね。

 

私が当時担当をしていた企業向け製品のリスティング広告は、

お盆休み、夏休み、GW、年末年始などは掲載を停止していました。

 

中には掲載を続けている企業もありましたが、

あきらかにコンバージョン数は減っていましたね。

 

ですので、toB向け商材のリスティング広告に関しては、

自分の中では、掲載を停止するのがセオリーだと思っています。

 

 

あと、これは運用担当者の本音という感じになりますが、

やっぱり本音としては、掲載を停止してほしいと思っている方が多いはずです。

 

なぜかというと、真面目な運用担当者であればあるほど、

長期間の休み中にアカウントの管理画面をチェックできないのは苦痛なのです。

 

真面目に効果を追い求めている運用担当者ほど、この傾向は強いですね。

 

もっともっと真面目な運用担当者は、

休み期間中であっても、ノートPCを持って帰ったりして、

ちょくちょく管理画面をチェックしてしまう・・・

みたいなこともあります。

 

実際、こういった運用担当者がいることも、知っています。

 

でも、これはこれで、コンプライアンス的にちょっと微妙ですよね。

 

 

まぁ私のすごく私的な意見ですが、

休み期間中にグッと需要が伸びる特殊な商品・サービスを除いては、掲載を停止し、

お盆休みや夏休み期間中くらいは、

リスティング広告の運用担当者を休ませてあげてください。

 

この期間に掲載を停止しても、大きな機会損失には繋がらないと考えています。

 

むしろ、アカウントの管理画面を見られない長期期間休み中に、

何かトラブルが発生しても、対応できないことの方が怖いと思っています。

 

いずれにしても、長期期間の休みに関しては、

事前に運用担当者と相談をして、掲載を継続するのか、停止するのかを決めて、

しっかりと対応していくことが重要ですね。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

当ブログ&著者について

当ブログでは、インターネットを活用して売上・利益を拡大させたいと考えている個人事業主、起業家、中小企業経営者に向けて、本当に効果のあるマーケティング手法をお伝えしていきます。

著者は10年以上インターネットマーケティングの世界で規模も業界もさまざまな企業のマーケティングに携わってきました。
リスティング広告の運用も得意としており、年間売上が1,500億円を超えるような大企業から超零細企業のリスティング広告まで幅広く運用経験があります。
また、アパレル、美容、不動産などのBtoC向け商材だけでなく、企業向けサーバー、ネットワーク機器といったBtoB向け商材に関してもサポート経験がございます。

インターネットを活用して自社の売上・利益を伸ばしたいとお考え方からのご質問やご相談も承っております。
大変有難いことに多くのコンサルティング依頼を頂いている関係で、ご依頼の時期や内容によりお引き受けするのが難しい場合もございますが、ご質問・ご相談などございましたら、お気軽にご連絡いただければ幸いです。

具体的な相談や個別のアドバイスをお求めの場合はこちらのページからご連絡ください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る